アナウンサールーム


シネマニッキ

話題の映画の監督・出演者をメ~テレアナウンサーが直撃。見所や撮影現場での裏話を大公開しちゃいます!

169

31歳、柴咲さんの好きなもの。

2013/02/25
担当: 神取 恭子

映画「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」のキャンペーンで主演の柴咲コウさん、御法川修監督が名古屋に来てくれました。

34歳独身、趣味の料理を活かしカフェで働くすーちゃん(柴咲さん)。
34歳独身、OA機器メーカーの営業でバリバリ働くまいちゃん(真木よう子さん)。
39歳独身、在宅WEBデザイナーで母とともに祖母の介護をしているさわ子さん(寺島しのぶさん)。
毎日に不満があるわけではないけど、ふとしたときに漠然とした不安が心によぎる。
仕事、将来…、このまま老後ひとりだったらどうしよう…。
35歳、つまり映画の登場人物と同世代の私としては、胸にビシビシと突き刺さる作品でした。
個人的には、まいちゃんが病院に言って先生に言われる言葉や、その後すーちゃんと自転車で二人乗りをするシーンは、もう!!
同世代の女子はぜひ劇場で共感していただき、若い世代の方はそんなお姉さんたちをちょっと敬う気持ちを持っていただけたら…。

御法川監督に「男性である監督がどうしてこんなに女子の気持ちがわかるんですか?」と伺うと、
「自分も独身で、映画監督という仕事をしていて、ふと不安になる時があるんですよ。」
また、「共感の先にあるものを感じてほしい」と熱くおっしゃっていました。
男性もぜひ見てください!

そして、すーちゃんと同じく料理好きの柴咲さん。女子会もよくしているそう。
劇中の料理シーンの手つきも慣れたもの。
すーちゃんとまいちゃんが食べている「レモンの鍋」がとっても美味しそう。(実際にさっぱりとしていて美味しいそうですよ。)
「すーちゃんが使っている布きんにもすーちゃんらしさが出ていましたね!」と伝えると、
「私自身も布きんを集めるのが好きなんですよー。」と教えてくれました。

映画「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」は3月2日(土)公開です!


BACK NUMBER