アナウンサールーム


シネマニッキ

話題の映画の監督・出演者をメ~テレアナウンサーが直撃。見所や撮影現場での裏話を大公開しちゃいます!

145

宮沢賢治の

2012/06/29
担当: 神取 恭子

宮沢賢治の同名作品を映画化した「グスコーブドリの伝記」。
杉井ギサブロー監督にお話を伺いました。
杉井監督といえば、私たち世代はアニメ「タッチ」の監督という印象が強いですが、実は、手塚治虫さんの「虫プロ」で一緒に「鉄腕アトム」を作っていたということを今回知り、お話を伺うのがとっても楽しみであり、緊張しました!
今回の「グスコーブドリの伝記」は杉井監督が久々に手塚治虫さんの意志を引き継ぐ「手塚プロ」とタッグを組んだ作品。
その思いをしっかり伺いましたよ。
詳しくは、6月30日(土)の「昼まで待てない!」をご覧ください。

また、監督の最近の作品といえば、「あらしのよるに」や「豆富小僧」など。
いずれも俳優さんが声優を務めていることでも話題になっています。
今回の作品では、主人公のブドリを小栗旬さん、妹のネリを忽那汐里さん、その他、柄本明さんや佐々木蔵之介さん、草刈民代さん、林隆三さん、林家正蔵さんなど、演技派の役者さんが声を担当しています。
俳優さんを起用することについて監督は「俳優さんは役に入り込んで演じてくれる。声優さんはうますぎるから…。」とおっしゃっていました。
それから、語尾が色っぽい声がいいとも。
「タッチ」の南ちゃんを演じた日高のり子さんや「あらしのよるに」でメイを演じた成宮寛貴さんは、その語尾に惹かれたんだそうです。
インタビューの後にお食事(監督のリクエストでお蕎麦)にご一緒させてもらい、興味深いお話をたくさん聞かせていただきました。
(最後には、ゴルフのアドバイスまで。お陰様でスコアが少しあがりました!)

ぜひ劇場で、杉井監督の思いに触れてみてください!
映画「グスコーブドリの伝記」は7月7日(土)公開です。


BACK NUMBER