野田 英里

ただいま おかえり

絵本専門士講座 終了!

絵本専門士同期のアナウンサーの皆さん


「絵本専門士」という国が認定する資格を取得するため
半年間、東京の講座に通っていました。

土日缶詰のカリキュラムや膨大な課題に追われながらも、大好きな絵本をさまざまな角度から学ぶことができて、楽しくて充実した時間でした。

今月、無事に講座が終了!
まだ卒業課題が残っていますが、ひとまずホッとしています。

年齢も職業も住んでいる場所も違う約70人の同期。
中でも、アナウンサーの皆さんとの出会いは頼もしく、一緒に活動するのが、今から楽しみです。


絵本にもオノマトペ♬


受講生の中には、以前、アップ!に ご出演いただいたオノマトペ研究家・藤野良考先生もいらっしゃいました。

オノマトペと絵本のコラボレーション!
こちらも楽しみです。


キツネぬいぐるみは、降矢さんが子どもの頃からの相棒だそう


絵本専門士の授業の相乗効果なのか、絵本の勉強会やシンポジウムに参加する機会が増えています。

先日は、豊田市が主催する図書館協会の勉強会に市内のこども園や小学校の先生方と一緒に参加させていただきました。

講演されたのは、スロバキア在住の絵本作家・降矢ななさん。



幼稚園教諭時代に子どもたちによく読んでいた絵本「ともだちや」「きょだいな きょだいな」などを描かれた大好きな作家さんです。

中でも「ともだちや」は、子どもに読みながらも、私自身の心の奥に溜まっていった思い出の1冊。

降矢さんの講演を聞きながら、これから“絵本専門士”として活動する中で、大人になっても心に残る絵本と出会うためのサポートができるようになりたいと改めて感じました。


関連記事