野田 英里

ただいま おかえり

暑さを乗り切る方法


暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
日中、外を歩いていると、太陽がすぐ近くにいるんじゃないかと錯覚してしまうほどです。

この夏を乗り切るため、さまざまなパターンを体感しているきょうこの頃です。

まず王道は、「涼しい場所に行く」
地元、愛知県一宮市で開催中の「なかやみわ 絵本の世界展」に行ってきました。

原画に魅せられたのはもちろん、驚いたのは、キャラクターのスケッチ。
登場するキャラクターの細かい性格や関係図、さらに血液型まで詳細に書かれています。
セリフがないようなキャラクターにも、ちゃんと設定があったのです。

甥っ子ちゃんにも教えてあげよう♪と、絵本を読むのがさらに楽しみになりました。



反対に、「屋外で、とにかくはしゃぐ」のも1つ。
遊園地や夏フェスがこれにあたりますね。

今月は、「デルサタ11」のロケで遊園地に行ってきました。
学生時代以来。
メリーゴーラウンドに乗るのも久しぶりすぎて、どこに手を添えたらいいのか戸惑ってしまいます。

上に伸びている棒? 耳の横の取っ手部分? その他の部分?
笑顔で乗りながらも、正解はどこ~!と心の中で叫んでいました。



「五感で涼む」のも1つ。

今年も金魚すくいをして、実家で飼い始めました。
金魚がひらひら泳ぐ姿を見ていると、なんとも涼しい気持ちになります。

まだ8月が来ていないなんて驚愕ですが、試行錯誤しながら、お互いにこれからの夏本番を乗り切りましょう。

今年は特に、子どもや高齢者だけではなく、私のような年代の大人でも熱中症の危険が高まっています。
そんな日は、日中の不要な外出は避け、小まめに水分補給するなど、熱中症対策をしてくださいね。


関連記事