倉橋 友和

PROFILE

絶対、現場主義。

「安心感」を、受け継ぎます。

いつも「アップ!」ファミリーの中心には星さんがいました。


2005年4月の番組立ち上げから15年4ヶ月の長きにわたり
アップ!」(当初は「UP!」)の大黒柱を務めた星恭博アナウンサーが、先月の放送でレギュラーとしての出演を卒業しました。
(新型コロナ対応のため、しばらくスポット出演は続く予定です。)


通算3000回放送記念(2017年2月9日)


夕方の顔として、東海3県のニュースを伝え続けた星アナ。
テレビに映るその姿と、落ち着いた語り口に「安心感」を抱いた、という視聴者の方も少なくないのではないでしょうか?


おかげで、現場リポートでも「冒険」できました(笑)


その点に関しては、私たち後輩アナウンサーも同じ。
例えばニュースの現場から中継を担当する際に「スタジオに星さんがいる」と思うだけで、不思議と「安心感」が湧いてくるのを、私自身も幾度となく経験してきました。


第10代 アナウンス部長です。 (アナウンス部が現在の形になってから数えて)


今後はメ〜テレのアナウンス部長として陣頭指揮を取る星アナ。
困った時、迷った時、挫けそうな時…
話を聞いて的確なアドバイスをくれる上司が近くにいることが、私たちアナウンサー陣にとって「安心感」そのものです。


出産に向けた休み中の鈴木アナを含め、「アップ!」ファミリーをよろしくお願いします!


先行きが不透明な時代。
だからこそ、星アナからバトンを受けた私たちキャスター陣も、みなさんの「安心感」につながる情報を模索しながら、放送に向き合っています。
平日の夕方3時40分からの「アップ!」。引き続きよろしくお願いします。


関連記事