倉橋 友和

PROFILE

絶対、現場主義。

首里城火災を取材して。

地元住民や観光客など、数多くの人にお話しを伺いました。


先月31日に発生した、沖縄・那覇市にある首里城の火災。
アップ!」取材クルーも、当日の午前便で名古屋から駆けつけました。
那覇市中心部から東へ4キロほどの小高い丘の上に立つ沖縄のシンボル。
在りし日の佇まいは、そこにはありませんでした。


10年ほど前に訪れたのが最後でした。


かつて太平洋戦争で消失した首里城でしたが、
復元を目指す地元の運動もあり、1992年に再建。
沖縄戦からの復興、本土復帰までの歩み、そして沖縄人としての誇り…
地元の方々は、それぞれの郷土への思いを、首里城に投影していました。


再建から5年後、高校の修学旅行にて。


高校の修学旅行先として最も人気のあるのが沖縄とのこと。
あの鮮やかな朱塗りの威風堂々とした首里城を
みんなが感じられる時が再び訪れることを、願って止みません。


関連記事