星 恭博

PROFILE

無党派的考察日記

スタンドパイプ・・ってご存知ですか?

消火栓蓋を開け、吐水口にスタンドパイプを取り付け、
スタンドパイプに消火用ホースを接続していきます。


先日、地元町内会の方々と、区内の消防署で訓練を行う機会がありました。
実施したのが「スタンドパイプ放水訓練」です。
皆さん、スタンドパイプって、知っていますか?


消火用ホースを持って、火元へと近づいて行きます。
火元までの距離に合わせて、もう一本、もう一本とホースをつないでいきます。


スタンドパイプとは、巨大災害が起きた際に、消防車両が進入しにくい狭い道路や木造住宅の密集地で、より早く効果的な消火作業を行うことを可能とした資機材です。
スタンドパイプ本体のほか、消火栓を開閉させるドライバー、消火用ホース、管鎗(筒先)など、いくつかの器材で成り立っています。


火元近くまで進んできたトコロで、消火用ホースの先に管鎗(筒先)を取り付けます。
これで準備OK!あとは消火栓を開放するだけです。


東日本大震災級の地震が起きた際には、火災が同時多発し、消防署や消防団による迅速な現場対応が困難になると言われています。
その時に必要とされるのが、自助や共助といった住民の皆さんによる活動です。


「放水始め!」の合図とともに、管鎗(筒先)から勢い良く水が噴き出します。
腰を低くし前傾姿勢で、水のチカラに負けないよう、筒先を火元に向けしっかりと持ちます。


火災対応で重要なのが、何と言っても初動。
スタンドパイプの扱いに慣れることで、大規模災害時に早期での対応の精度を高めることができます。


この写真は、本文とは関係ありません(笑)


皆さんの地域にも、既にスタンドパイプが設置されているかも知れません。
防災訓練で一人でも多くの方に使い方を覚えて頂き、いざという時に対応出来るよう、今から備えて行きましょう!

アナウンサーとして、消防団員として、不肖、星は多方面からの地域貢献に、益々、力を尽くして参ります!!


関連記事