星 恭博

PROFILE

無党派的考察日記

研修を受けました。

コロナ禍における変更点が、今回の研修のメインです。


先日、名古屋市内の消防署で研修を受けました。
研修の内容は、胸骨圧迫(心肺蘇生)のアップデートです。


まずは、座学です。


コロナ禍のため、緊急時の胸骨圧迫(心肺蘇生)の手順も、若干変更されています。
変更点を座学で理解し、実習で身体に叩き込んで行きます。


続いて、実習に入ります。


実習では、名古屋市消防局の救急救命士の方に、手順をチェックしてもらいます。
救命現場の最前線で活躍されているだけに、実際の事例も交えて非常に分かり易く教えて頂きました。


人形を使って、一つひとつの手順を確認して行きます。


今回、新たに知ったことの一つに、ショックボタン不要のAED(自動体外式除細動器)の普及開始がありました。
一般的なAEDには、電気ショックを与えるためのスイッチがあるのですが、近年ではそのスイッチ不要のAEDが設置され始めているとのこと。
ショックボタンを押す前提で、胸骨圧迫(心肺蘇生)の手順を覚えているだけに、混乱を招かないように改めて学習し直す必要性を感じました。


この写真は本文とは関係ありません(笑)


既存の知識に胡坐をかいていてはいけません。
何事も、日々是勉強ですね。頑張ります!

アナウンサーとして、消防団員として、不肖、星は2方面からの地域貢献に、益々、力を尽くして参ります!!


関連記事