星 恭博

PROFILE

無党派的考察日記

荒天でも、コロナ禍でも、負けない!!

狭所での消防ホース取り回しのレクチャーを水野部長から^^>


コロナ禍で消防団活動の自粛が続く中、先日、小型ポンプなど機器点検を兼ねて、
団幹部だけが参集しての、消防ホースの取り回しのプチ訓練を行いました。
勿論マスク着用、感染防止に十分配慮しての訓練です!


ケース(1)、消防ホースを縦に担ぐパターン!@@>


団所轄の学区内には、数多くの高層マンションや商業ビルがあります。
マンションやビル内での消火活動を効率的に支援するため、
通路での消防ホースを取り回す技術が必要となります。


ケース(2)、壁を使って消防ホースを立て掛けるパターン!@@;


通水した消防ホースの重量は、我々の想像を遥かに超えます。
水でパンパンに張ったホースを動かすのは至難の業!!
なので、水を通す前の『事前の仕込み』が、より重要となります。


防火水槽から汲み上げて、再び防火水槽へと戻す・・水は大切に扱います^^ノシ


水野部長のレクチャーを受けて訓練開始!
消防ホースを水野部長が自ら取り回し、出動の際のイメージを示してくれます。
その姿は、まさに我らが団の「スティーヴン・セガール」!!


この写真は、本文とは関係ありません(笑)


この日は生憎の荒天・・。
ですが、火災の発生は雨風お構いなく、待ってはくれません。
どのような天候下でも過不足なく対応出来るよう、普段の備えがモノを言うのです!

アナウンサーとして、消防団員として、不肖、星は2方面からの地域貢献に、益々、力を尽くして参ります!!


関連記事