星 恭博

PROFILE

無党派的考察日記

『五十』の手習い!?

私の後ろに写っているのが、広報車。 これに乗り込んで、夜警に出発です^^>


令和二年です。
本年もメ~テレアナウンス部を宜しくお願いします。
さて、年末年始は皆さんどのように過ごされましたか?
私が所属する消防団では、12月25日から30日までの六日間、年末特別消防警戒が行われました。


特別警戒期間中・その① 救助活動に使う機器整備のひとコマ。 チェンソーの点検も欠かせません@@;


期間中に稼働できる団員でローテーションを組み、毎夜、学区内の夜警を行っていきます。
私も団の広報車を運転して、その特別警戒を行いました。


特別警戒期間中・その② 消防団詰所の下部は、防火水槽になっています。 マンホール蓋って40kgもあるんですよ。重っ!;;>


ただ、ウチの学区は区内の他学区と比べて、面積が広いのです。
よって、効率的にコース取りを行わないと、決められている夜警の時間内に、すべて巡回できなくなってしまう恐れがあるのです!
年末特別警戒の期間中、私は二度、その広報車の運転を任されました・・のですが。


特別警戒期間中・その③ 薪を焚き、大鍋に具材を入れ、団員総出で豚汁を作ります。 災害時の避難所を想定しての訓練。因みに味噌は『合わせ』です^^


一度目はペース配分を誤って、先輩諸氏からキツく反省を促され・・。
二度目でようやく過不足なく巡回を終了(町内地図で予習しておいて本当に良かった^^;)。
その姿は、さながら『五十』の手習い!?・・です><;


特別警戒期間中・その④ 夜警中には、消防署の偉い方も詰所にやって来ます。 無線機から「もうすぐ到着!」との連絡が入り、急いで整列!><;


まだまだ、空気が乾燥する時期が続きます。
先日は、強風も吹きました。火の取り扱いには、十分ご注意ください!@@>

地元の消防団では、地域の消防署と共同で防災訓練を行っています。
体験することで救える命、守れる地域があります。
お近くの方を誘って訓練に参加してみませんか。消防団がお待ちしています!^^


関連記事