• UP!
  • 特集
  • 注目ニュース
  • 暮らしの防災
  • 山田修作の「前略、お天気ですか?」
  • 出演者紹介

特集

特集 密着・激撮モノから、おなじみの「10連発」シリーズなど多彩なジャンルのネタを徹底取材!圧倒的なボリュームでお届けする、UP!の目玉コーナー。毎日が力作・話題作ぞろいの「特集」、お見逃しなく!
2017年3月13日(月)
「笠原将弘の旬感百景」レシピはこちら

東京、名古屋で「予約の取れない店」として名を馳せる「賛否両論」。
店主、笠原将弘さんの斬新な食材の組み合わせで客たちを魅了し続ける。
そんな〝日本料理の革命児〟が東海地方を旅して、出会った旬の食材を使い、至高の一皿を生み出す。
シリーズ企画「笠原将弘の旬感百景」。

今回出会ったのは、伊勢神宮のお膝元、伊勢市で栽培される新野菜「アレッタ」。
かわいらしい見た目から「小さな翼」という意味をもつ。
4年前に作り始めたばかりで、まだ認知度は低いが、栄養素が豊富。
緑黄色野菜に多く含まれる「β‐カロテン」は、ブロッコリーの約4倍だ。
しかも、葉も茎もつぼみも、全て食べられるのが魅力的だ。

“万人に受けなくともたった一人でも胸をときめかせる料理を作りたい”
三重県の旬食材「アレッタ」を使って、驚きと感動が詰まった渾身の一皿を生み出す。



「アレッタとクルミの白和え」(写真左)
材料(4人分)
アレッタ 4把 クルミ 40g 醤油 少々 塩 少々 木綿豆腐 150g
A(白すりごま 小さじ1 薄口醤油 小さじ1 砂糖 小さじ1)

作り方
(1) 豆腐をしっかり水切りして、Aと共にフードプロセッサーにかける。
(2) アレッタは茎と葉に分ける。
(3) 茎は根元の皮を少しむいて、包丁で切れ目を入れ塩茹でしてザルにあげる。
(4) 醤油をまぶしてしっかり絞り、ザク切りにする。
(5) クルミを手で割る。
(6) ボールに(4)、(5)を入れ、(1)で和える。

「アレッタと鶏ささみ辛子和え」(写真右)
材料(4人分)
アレッタ 4把 ささみ 3本 塩 少々 醤油 少々 かつお節 5g
A(粉辛子 大さじ1 砂糖 大さじ2 塩 大さじ1/2 みりん 大さじ1 酢 大さじ1)

作り方
(1) アレッタは、茎と葉に分けて塩茹でして、ザルにあげる。
(2) しっかり水気を絞って、ザク切りにする。
(3) (2)をボールに入れ、Aで和えラップをして、冷蔵庫で1時間寝かせる。
(4) ささみを茹でてほぐして、醤油で和える。
(5) (3)、(4)とかつお節を和える。



「アレッタの翁揚げ りんごソース」
材料(4人分)
アレッタ 8把 りんご 1個 塩 少々 醤油 少々
A(オリーブオイル 大さじ2 薄口醤油 小さじ1 酢 大さじ1 砂糖 小さじ1)
B(薄力粉 100g 炭酸水 200cc とろろ昆布 5g)

作り方
(1) アレッタは茎と葉に分け、茎は根元の皮を少しむいて、包丁で切れ目を入れる。
(2) 葉は塩茹でしてザルにあげ、醤油をまぶして、しっかり絞ってみじん切りにする。
(3) りんごの皮をむいてすりおろして、(2)、Aと混ぜ合わせる。
(4) Bを混ぜて衣を作り、茎に薄力粉をまぶしてくぐらせ、170度の油で2~3分揚げる。
(5) 器に盛り、塩を少しふりかけ、(3)のソースを添える。

取材先

  • 日本料理「賛否両論」名古屋
    □笠原将弘さんのお店
    住所:名古屋市千種区高見2-1-12 ナゴヤセントラルガーデン
    電話:052-753-7677
    定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
  • JA伊勢(玉城支店)
    □アレッタについての問い合わせ
    経済1課 果実・野菜グループ
    住所:三重県玉城町佐田130
    電話:0596-58-9292

※掲載内容は、放送当時の情報です。
※全ての放送内容は掲載しません。ご了承ください。

バックナンバー

advertisement

メ~テレ公式twitter

番組表 Now on air

1:41
タモリ倶楽部
2:43
人生酒場~唄は夜につれママにつれ~
2:48
ワールドプロレスリング
3:18
タイガーマスクW
3:48
デルゲーツ
今日の番組
週間番組表