メ~テレの現場

メ~テレの現場で働く先輩たちに「就活」の前後をリサーチ! どんな個性が集まっているのか、すこ~しのぞいてみませんか?

メ~テレ採用トップメ~テレの現場 > 報道局 ニュース情報センター 井上 真実

報道局 ニュース情報センター 井上 真実

あなたの所属部署はどんな仕事をする部署ですか?

東海3県で起きた事件事故や政治、経済、地域のおもしろニュースなど様々な話題を、主に夕方の報道番組「UP!」で放送するのが、私たちの仕事です。ニュースを企画し、取材し、編集してVTRを仕上げるまで、全ての工程に携わります。著名人にインタビューして話を聞いたり、自分が体験してリポートした様子が、時には全国ネットのニュースで流れることもありますよ。

今はどんな仕事をしていますか?

私は経済担当の記者をしているので、普段は東海3県の企業が記者クラブに投げ込む膨大な資料の整理に追われています。ですが自分の「色」が出せるのはやっぱり、企画ニュースです。消費税の増税から新エネルギー問題、デパートの新戦略まで、人々の生活に関わる全てが「経済ネタ」といっても過言ではありません。「この情報が、東海3県の人々の暮らしをどう変えるのか?」常に自問自答しながら、ニュースの現場に立っています。

あなたの仕事にはどんな人が向いていますか?

瞬発力があり、臨機応変な人でしょうか。取材では、スタートダッシュでつまづかなければ、大負けすることも無いように思います。「これをやる!」と思ったら頭より体が先に動くくらいの反射神経と、時に立ち止まり、進む方向が間違っていれば直ちに修正できる柔軟さを持ち合わせていれば、怖いものはありません。あと、根拠が無くても無駄に自分に自信があるくらいのほうが、この世界では何かと上手く行ったりするように思います。

「仲間っていいな!」と感じた仕事でのエピソードを教えてください!

入社してすぐ県警担当をしていた頃、5人の県警班はある意味家族のような存在でした。夜回り取材で午前様になってもじっと報告を待っていてくれたキャップや、記者としてのイロハを叩き込んでくれた先輩、辛い時には飲みに連れ出してくれた同僚。チームだからこそ厳しい状況も乗り越えられたし、誰かが「特ダネ」を取ってきた時は皆で喜び合いました。できれば2度とやりたくないですが、仲間の良さを身に染みて感じた経験でした。

仕事を頑張った自分へのご褒美は?

熱めのお湯をたーっぷりと張って、お気に入りの入浴剤を入れたバスタイムが、至福のひとときです。雑誌や文庫本を持ち込んだり、好きな音楽をかけて一人カラオケ状態だったり…追い炊きしながら1時間~1時間半くらいは入っています。(冷え性の私はそれでもやっと汗がにじむ程度なんです)あ、今のところ、持ち込むのはお水かお茶です。これがビールになったら危険だと、なんとか自制しています(笑)

メ~テレを目指すみなさんへ「ひと言」お願いします!

みなさん、就活お疲れ様です。毎日、大変ですか?でも、就活を楽しめるくらいの心持ちでないと、社会に出てからはもっと大変です。若いんだから、自信を持ちすぎるくらいでいいんです。自分に突きつけられた厳しい状況すらも楽しんで、乗り越えて来てください!!

所属部署は2014年2月現在の情報です。

コンテンツ局 制作部 神道 俊浩 コンテンツ局 東京制作部 服部 保彦 総合ビジネス局 事業部 安藤 全史 総合ビジネス局 ビジネスデザイン部 遠山 藤男 報道局 ニュース情報センター 豊吉 公彦 編成局 総合編成部 林 義晃 総合ビジネス局 業務部 西田 拓朗 技術局 映像技術部 長田 圭介 編成局 メディアデザイン部 小林 晋尚 報道局 情報局 井上 真実 コンテンツ局 制作部 伊藤 理 コンテンツ局 制作部 伊豫田 章悟 技術局 情報技術部 藤田 勇介 報道局 ニュース情報センター 高羽 佑輔 総合ビジネス局 営業部 荒岡 浩輔 編成局 アナウンス部 望木 聡子 技術局 技術戦略部 原 大智