愛知・稲沢市の会社社長の男性 マニラで銃撃され死亡
接続中

20日夜、愛知県稲沢市の会社社長の48歳の男性が仕事で訪れたフィリピンのマニラで、銃撃され死亡しました。

死亡したのは、稲沢市にあるパチンコ部品製造会社の社長水野成規さん(48)です。現地の警察によりますと、水野さんは20日夜、約20人の日本人らとマニラで夕食をとった後、ホテルへ車で向かう途中、バイクに乗った2人組に突然、銃撃され、水野さんは首に銃弾を受け死亡したということです。水野さんは取引先との仕事で、20日にフィリピンに入国したばかりだったということです。水野さんを銃撃した2人組は逃走していて、警察は行方を追っています。

更新時間:2017年4月21日 12:24