偽シャネル所持の疑いで三重・名張市の女を逮捕
接続中

偽のシャネルの商品を販売目的で持っていたとして、三重県名張市の44歳の女が逮捕されました。

商標法違反の疑いで逮捕されたのは名張市の無職、小原友美子容疑者(44)です。警察によりますと小原容疑者はシャネルの偽物のロゴをつけたネックレスとピアス計2点を、インターネットサイトで販売する目的で所持した疑いです。調べに対し「パロディー商品として売ってもいいと思っていた」と容疑を一部否認しています。小原容疑者は「2016年12月ごろから約1000人に売った」と供述していて、警察は自宅からシャネルの偽物の商品約600点を押収し、余罪があるとみて調べています。

更新時間:2017年4月19日 19:06