三重・熊野市で住宅が全焼 焼け跡から1人の遺体
接続中

21日未明、三重県熊野市で住宅が全焼する火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。

午前3時半ごろ、熊野市紀和町の道前実造さん(86)の住宅から火が出て、道前さんの妻(76)から「建物が燃えているので助けてください」と消防に通報がありました。警察によりますと、約3時間半後に火は消し止められましたが、木造平屋建ての住宅や車庫などが全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。火が出ているのに気づいた道前さんは、風呂場の水をかけて自ら火を消そうとしましたが、その後、連絡が取れなくなっていたということです。警察は見つかった遺体は道前さんとみて身元の確認を進めるとともに、出火の原因を詳しく調べています。

更新時間:2017年3月21日 11:52