四日市市で母親殺害容疑の少年「追いかけて首絞めた」

三重県四日市市で、母親を殺害したとして高校3年の少年が逮捕された事件で、少年が「逃げる母親を追いかけて首を絞めた」と話していることが新たにわかりました。

三重県四日市市で14日、母親(47)の首を包丁で刺して殺害し、遺体を物置に隠した疑いで高校3年の少年(18)が逮捕されました。少年は警察の調べに対し「包丁で刺したあと、逃げる母親を追いかけ後頭部を殴ったりタオルで首を締めたりした」と供述していることがわかりました。少年と母親は進学先の大学をめぐって以前から対立していて、これまでの調べに対し「受験のことで口論になって刺した」と供述しています。

更新時間:2017年2月18日 00:25