5/15(月)スタート 毎週月曜 深夜1:59~

アンフォゲッタブル

“超記憶症候群”女刑事キャリーの新感覚の犯罪サスペンスドラマ

main

一度見たものはどんな些細なことでも記憶してしまう“超記憶症候群”の女刑事 キャリー(ポピー・モンゴメリー)が、その記憶力を駆使し、 大都市ニューヨークで起きる数々の事件を捜査する。 犯行現場からヒントを見つけるプロセスをかつてないビジュアルで再現するなど、 これまでに無い新感覚の犯罪サスペンスドラマ。 ニューヨークのクイーンズ。“超記憶症候群”の女性キャリー・ウェルズは、 かつてシラキュース市警で刑事として活躍しながら、幼いころに殺害された姉の事件を捜査していた。 しかし、事件が迷宮入りしたのをきっかけに警察を辞め、現在は認知症の母親が 暮らす施設でボランティアをする傍ら、その記憶力を駆使してギャンブルで 生計を立てていた。 ある日、彼女が暮らすアパートで殺人事件が起きる。 捜査を担当したのは、かつての同僚であり元恋人のアル・バーンズ刑事だった。 彼との再会を期に、キャリーは再び刑事としての道を歩み始める…。

pagetop

■キャリー・ウェルズ…ポピー・モンゴメリー

完全記憶脳の持ち主で、一度見た光景や人物を全て記憶している。独身。 髪の色は赤。かつてはシラキュース(ニューヨーク州中央部の地方都市) 警察に勤務していたが退職。その後、クイーンズに移りギャンブルで金を 稼ぎながら介護施設でボランティアをする生活を送っていたところ、 偶然殺人事件に巻き込まれ、
元同僚だったアルと再会することに。
事件解決後、アルの後押しを受けて警察官に復帰し、
日夜犯罪捜査に従事している。


■アル・バーンズ…ディラン・ウォルシュ

捜査チームのリーダ。シラキュース時代はキャリーの同僚兼恋人だった。現在の恋人はセラピストで捜査にも協力してもらう間柄。交際は順調かに思われたが、9年ぶりにキャリーと再会し・・・。


■マイク・コステロ…マイケル・ガストン

勤続20年のベテランでアルとは固い友情で結ばれている。冷静沈着で優しい性格だが、ある問題を抱えている。


■ニーナ・イラーナ…ダヤ・ヴァイジャ

最も若い女性刑事。恋人に裏切られたことがトラウマとなり、男性不信に・・・。頭が良く野心家だが、キャリーの出現で変化が・・・。


■ロー・ソーンダース…ケヴィン・ランキン

若手の刑事でちょっと生意気な性格。キャリーの能力に疑問を抱いていて、挑戦的な態度をとることも。


pagetop
1話 イメージ

第1話 再び記憶の森へ … Pilot

ニューヨーク・クイーンズ。元刑事のキャリー・ウェルズは、昼は母親のいる施設でボランティア、夜はカジノで金を稼いで暮らしていた。ある夜、同じアパートの住人が殺害される事件を目撃し、事情聴取に来た元同僚で恋人だったアルと偶然再会。キャリーはアルの依頼で捜査に協力する羽目に。殺害現場の記憶を完璧にたどり、犯人を追い詰めていくが…。

2話 イメージ

第2話 魔法の力 … Heroes

復職したキャリーはサイファース夫妻射殺事件の捜査に乗り出す。ガレージに隠れていた夫妻の息子マックスを発見するが、ショックから何も語ろうとしない。姉を殺された過去を持つキャリーは、彼の悲しみが痛いほど分かる。傷ついた心を解きほぐそうとするが、アルの恋人でセラピストのエレインに、マックスに会う際は自分の同席が必要だと忠告されてしまう。

3話 イメージ

第3話 消えた犯行現場 … Up in flames

証券会社の重役が自宅で殺害された。キャリーはアルと共に事件現場に急行するが、上の階でガス漏れが発生。彼らがビルを出た直後に爆発し現場は消失してしまう。捜査の手がかりはキャリーが最後に見た30秒弱の記憶だけ。その記憶をたどり、「HH」と書かれたファイルケースと断裁された無数の書類を思い出すが…。

4話 イメージ

第4話 救いの女神 … Check out time

ホテルで弁護士が殺害された。犯行時刻前後に部屋に入ったのは客室係のマリアだけだと判明するが、彼女は敏腕弁護士のデビーを従え「レイプされたので正当防衛で殺した」と主張する。監視カメラにもマリアが廊下を走って逃げる姿が映っていたが、記者会見時の彼女の様子からキャリーはその自白に疑問を抱く。

5話 イメージ

第5話 友の残したスプリット … With honor

NY警察のボウリング大会の最中、アルの昔の相棒で親友のジム・ケリーが駐車場で銃殺された。翌日、逃走車を発見したキャリーは、現場近くでボウリング場の売店のレシートを見つける。殺害当日の記憶をたどったキャリーは、犯人は麻薬の売人ジッピーだと確信する。その頃、内部調査局がケリーへの汚職容疑で家宅捜索をしていた。

6話 イメージ

第6話 誰も知らない私 … Friended

イーストリバー沿いでエンジンがかかったままの高級車が見つかる。死体はないが、現場の痕跡から事件の可能性が高い。車の持ち主は現在行方不明の石油成金の娘、ケリーだと判明するが、彼女の住んでいたアパートはセレブとはほど遠いものだった…。ケリーはいったい何者なのか? キャリーは同僚のニーナとセレブが集まるクラブのパーティーに潜入する。

7話 イメージ

第7話 鏡の向こうの真実 … Road block

空港で働きながら幼い娘を育てていたシングルファーザーのスミスが自宅アパートで 殺害された。そして娘のビアンカも、こつ然と姿を消した。キャリー達は娘が誘拐されたものとして犯人の解明と一緒に捜索を開始する。電話に貼ってあった番号から、キャリーはスミス父子を担当していた児童保護局のロザーリオを訪ねるが…。

8話 イメージ

第8話 奪えない思い出 … Lost things

法律扶助の弁護士メアリーが殺される事件が発生。彼女の同居人で警備員のケヴィンと、メアリーに言い寄っていた仕事関係者を容疑者に挙げるが、ふたりにはアリバイがあった。メアリーが出会い系サイトに登録していたというケヴィンの友人ジョーからの証言もあり、性犯罪の方向で改めて捜査を開始しようとするが…。

9話 イメージ

第9話 金色の鳥 … Golden bird

女子高校生エイミーがアパートの屋上から墜落死した。手首の防御創や現場状況から他殺と見て捜査を開始。エイミーの高校の友人達に話を聞くが、「彼女は恨みを買うような子ではない」と皆口を揃える。そんな中、エイミーの携帯の履歴から妊娠疑惑が浮上する。一方、キャリーは叔母のイーディに施設にいる母に会って欲しいと連絡を取るが…。

10話 イメージ

第10話 弾道 … Trajectories

バスケットボール大会の最中に銃撃事件が発生し、大学生マリサが殺される。事情聴取をしようとした矢先、再び銃声が響き地元ギャングの一人が死亡。若者の更生を支援する活動家ジムが重傷を負う。ギャング同士の抗争を疑うアルはギャング対策班の刑事コルテスに協力を求めるが、キャリーは彼が現場にいたのを覚えていた。

11話 イメージ

第11話 地下室からの声 … Spirited away

廃墟と化した真夜中の病院で発見されたのは、プロのゴースト退治人スーダーマン。持参していた熱感応カメラには人の形をした影…。オカルト好きのロー刑事は捜査当初からテンション上がりっぱなしだが、現実の捜査はとある外科医の不審な行動に注目、キャリーの記憶を手がかりに殺人事件の全貌が暴かれていく。

12話 イメージ

第12話 塗り固められた罪 … Butterfly effect

建設現場で死んだ若い鉄工員は、分不相応な金を蓄えていた。現場では、近頃資材の窃盗事件が頻発。なにか関わりがあるのか? キャリーら捜査班が彼の行動を追っていくと、クイーンズの夜に暗躍するマフィアの人脈が浮かび上がる。一族の若くハンサムな実業家スティーヴに熱い視線を 送られたキャリーが取った行動は…。

13話 イメージ

第13話 異分子の選択 … Brotherhood

手首には拘束跡、体中に痛々しい傷が残る大学生マイルズの遺体が寮のベッドで発見された。犯行現場から消えたマイルズのノートPCには重大な手掛かりが! 孤独な生活を送っていた青年が拠り所にしていた学生クラブの存在を突き止めたキャリーは、無謀にも彼らのパーティーに潜入するが、何者かに薬を盛られ意識を失ってしまう。

14話 イメージ

第14話 ハンティング … Carrie's caller

「16分後に人が死ぬぞ」117分署殺人課にかかってきたのは、いたずら電話ではなかった。捜査チームをあざむくかのように、凄惨な予告殺人はその後も続く。キャリーの完全記憶から電話の男の居場所を探るが、今一歩で逃げられてしまう。やがて、男の電話はキャリーを名指しして謎解きを挑んでくる。標的は キャリーなのか!?

15話 イメージ

第15話 不都合な証言 … The following sea

シティ・アイランドを支配する不動産王ヘイガンの公判が行われようとしていた。罪状は妻殺し。しかし裁判の直前、重要参考人のケイト・ジョーダンが失踪してしまう。彼女はどこに? ヘイガンの有罪を確信するアルは、失踪事件に彼が関わっているとにらむ。キャリーの完全記憶脳を手がかりに捜査班は島の中を東奔西走する。

16話 イメージ

第16話 ハートを壊さないで… Heartbreak

夜の野球場。フィールドに立つ恋人たちのロマンチックなプロポーズを中断させたのは、外野の芝生に横たわる変死体だった。死の原因は飛行機からの墜落?被害者の背後には、銀行の金庫破りが絡み、事件は大きな進展をみせるが、恋人スティーヴと別れたキャリーの顔は冴えない。アルとの関係も気まずくなり、捜査は難航する。

17話 イメージ

第17話 ゆれる正当防衛… Blind alleys

真夜中に起きた発砲事件。キャリーが駆けつけると、パニック状態の同僚ローが蘇生を試みていたが、すでに男は死んでいた。被害者デヴィッドは、キャリーたちが追う殺人事件の容疑者だった。正当防衛を主張するローだったが、デヴィッドが所持していたはずの銃が見当たらず捜査は難航。翌日、被害者の父親が警察を訪れ…。

18話 イメージ

第18話 悪魔との取引… The comeback

有力者が集まるパーティーにアルと出席したキャリーは、そこで紹介された弁護士ウォルター・モーガンの声を聞き、凍りつく。かつてキャリーに挑戦状を叩きつけた狂気の予告殺人犯“フレッド”の声に酷似していたのだ。モーガンに疑いの目を向けるキャリーは、心配するアルの制止も聞かずに独自捜査を突き進める。

19話 イメージ

第19話 「許されぬ恋」の結末… Allegiances

アパートのバスタブで発見された女性の遺体。部屋には、恋人らしき男性とのツーショット写真が残されていた。写真を見たキャリーは、この男性がパーティーで会った恋人スティーヴの友人エディだと思い出す。やがて、マフィアとエディのつながりが浮上。スティーヴにも嫌疑がかけられ、キャリーは捜査から外されてしまう。

20話 イメージ

第20話 妄想の世界地図… You are here

研究所で爆発事故が起こり、工科大の大学院生オードリー・クルスが犠牲に。キャリーは現場に残された残骸から、爆弾が仕掛けられていたことを見抜く。殺人の線で捜査を進めると、監視カメラの映像からオードリーが彼女の車に置かれたメモを読み、研究所に戻ったことが判明。遺留品のバッグに入っていたメモの分析を急ぐ。

21話 イメージ

第21話 悪魔のトラップ… End games

レイチェル殺害事件の捜査協力を申し出た男、ウォルター・モーガン。彼の正体は、謎の男“フレッド”なのか? 不気味なモーガンをキャリーは警戒するが、姉の死の真相に近づきたい一心で会うことに。その翌日、モーガンの遺体が発見された。爪に付着したDNA、車の中の凶器、次々とキャリーを犯人に仕立て上げる証拠が見つかり…。

22話 イメージ

第22話 記憶の森の男… A man in the woods

レイチェル殺害犯につながる、有力な手掛かりが見つかった。アルとシラキュース警察へ向かったキャリーは、別の少女殺害事件の容疑者として逮捕された男サム・ローズと面会する。ローズの家には、少女殺人事件に関する無数のスクラップ記事が…。少しずつ当時の記憶を取り戻すキャリー、自分を長年苦しめてきた事件をついに解決できるのかーー!?

pagetop