11/18(月)スタート 毎週月曜 深夜1:59~

リベンジ

父を死に追いやった者達への、エミリーの美しく冷酷な復習劇が始まる

main

イントロダクション

全米で1,000万人以上の視聴者を獲得し、虜にさせた大ヒット傑作サスペンス『リベンジ』。高級住宅地ハンプトンで暮らしていた少女アマンダの人生は、父親が無実の罪で投獄され一変。父親を陥れたのは、地元の実力者でグレイソン・グローバル社を経営するグレイソン家だった。10年後、アマンダは“エミリー・ソーン”と名前を変え、復讐のために故郷ハンプトンへと戻ってくる。“ハンプトンの女王”と呼ばれるヴィクトリア・グレイソンを最大の狙いに、エミリーの美しく冷酷な復讐劇が始まる!なぜエミリーの父親は罠にかけられたのか?

pagetop

キャスト

■エミリー・ソーン/アマンダ・クラーク
                                    …エミリー・ヴァンキャンプ

本名アマンダ・クラーク。父デヴィッドの逮捕により人生が暗転。少年院出所後名前を変え、父の遺した財産と情報を基に、無実の罪を着せた人々に復讐を誓う。


■ヴィクトリア・グレイソン…マデリーン・ストウ

富裕層が暮らすハンプトンの街を牛耳る女王。かつての恋人デヴィッドを陥れたことを悔いるも、現在の立場を死守するために圧倒的な力で敵を排除する。


■コンラッド・グレイソン…ヘンリー・ツェニー

かつてデヴィッドを無実の罪に陥れた首謀者。何事もなかったかのように成功を享受している。


■サトシ・タケダ…真田 広之

日本人投資家。実はエミリーの武術の師匠でエミリーを助ける。


■ジャック・ポーター…ニック・ウェスラー

エミリーの幼なじみ。エミリーの過去に気付かず、新たな隣人としてエミリーに好意を寄せる。


■デクラン・ポーター…コナー・パオロ

兄と海辺の酒場で働きながら、華やかな暮らしに憧れる。シャーロットとの身分違いの恋に走るがー。


■ノーラン・ロス…ガブリエル・マン

大成功を収めたIT 起業家。その財力を活かして「娘を支えてくれ」というデヴィッドの遺言を遂行する。


pagetop
1話 イメージ

第1話 Pilot … 幕開け

高級住宅地ハンプトンで暮らしていた少女アマンダの人生は、父親が無実の罪で投獄され一変した。父親を陥れたのは、地元の実力者でグレイソン・グローバル社を経営するグレイソン家。9歳のアマンダは施設に送られ、二度と会うこともないまま父の死を知らされる。そして10数年後、アマンダは“エミリー・ソーン”と名前を変え、復讐のために故郷ハンプトンへと戻ってくる。“ハンプトンの女王”と呼ばれるヴィクトリア・グレイソンを最大の狙いに、エミリーの美しき復讐劇が幕を開ける。

2話 イメージ

第2話 Trust … 崩壊

グレイソン家の長男ダニエルとすぐに親しくなったエミリーは、彼が出場するポロ競技の会場へ向かった。会場ではダニエルを応援する素振りを見せるエミリーだったが、視線の向こうにはグレイソン夫妻と、ウォール街で知られるヘッジファンドの代表ビル・ハーモンの姿があった。ビルもまた、父を陥れたエミリーの敵のひとりだったのだ。そこで、生前の父が遺言を託し、ハンプトンで唯一エミリーの正体を知るIT実業家ノーランの力を借り、ビルへの復讐を画策。一方ヴィクトリアは、陰でエミリーの身元調査を依頼していた。

3話 イメージ

第3話 Betrayal … 密告

トム・キングズリー上院議員が2度目の選挙に出馬することを決意。グレイソン家では、キングズリー上院議員を支援すべくパーティーが開かれようとしていた。エミリーは素知らぬ顔でキングズリーと対面するが、実はかねてから彼を狙いある罠を仕掛けていた。元連邦検察官だったキングズリーは、エミリーの父親を有罪判決に導いた男だったのだ。エミリーはキングズリーと愛人とのセックス現場の映像を入手するとノーランに手渡し、その動画をキングズリーのタブレットへと送りつけ、脅迫を開始。キングズリーは遂に…。

4話 イメージ

第4話 Duplicity … 告白

ハンプトンで開業した精神科医ミシェル・バンクスは、セレブな婦人御用達のカウンセラーとして知られていた。エミリーも最近、患者のひとりとして彼女のもとへ通い始めていた。実はエミリーが施設にいた事と、ミシェルは深く関係していたのだ。もちろんそこには、ヴィクトリアの陰もあった。エミリーは隠しカメラで、ヴィクトリアのカウンセリング模様を録画し…。その頃、ダニエルはエミリーとのデートがキャンセルになったと伝え聞く。不安になったダニエルはエミリーの家を訪れると、思いがけない人物を目撃する。

5話 イメージ

第5話 Gulit … 悔恨

ヴィクトリアは護衛のフランクから、夫のコンラッドが愛人だったリディアと未だ関係を持っていると知らされる。関係が明らかになった数か月前、ヴィクトリアはハンプトンの街からリディアを追放したが、彼女は「また戻ってくる」と宣言。また、かつて自分が所有していたエミリーの家を訪れたリディアは、家を買い戻すためなら「あなたの秘密を探す」とエミリーにまで挑戦状を叩きつける。遂にはコンラッドに、夫婦の隠された過去を暴くと脅迫を始めたリディアは、慈善団体の総会でグレイソン夫妻が表彰されるその時…。

6話 イメージ

第6話 Intrigue … 誤算

マンションの屋上から転落したリディアは、昏睡状態が続いていた。そんなある日、コンラッドのパソコンに匿名の映像データが送られて来る。そこに映っていたのは、リディアと、そして護衛のフランクの争う姿だった。コンラッドはフランクの存在を危険に感じ、解雇を決意。ヴィクトリアに特別な想いを寄せるフランクは、後ろ髪をひかれる思いでグレイソン家を去って行くが、解雇の理由に疑問を持った彼は、真実を探ろうとリディアのマンションを訪れる。そして彼はノーランとエミリーに関した、ある事実を手に入れる。

7話 イメージ

第7話 Charade … 虚偽

リディアは昏睡状態、フランクは行方不明…不穏な空気が漂う中、グレイソン家では、ヴィクトリアとコンラッドの結婚25周年を祝うディナーが計画されていた。しかし、夫妻の仲は既に修復不可能な状態にあり、コンラッドは家を出て行くことになる。一方、エミリーの過去を知ったフランクは、彼女が暴行罪で収監されていた刑務所に行き、新たな証拠を見つけ出そうとしていた。事実を知ったエミリーは刑務所長に助けを求めるが、フランクは重大な証拠を携帯電話に残す事に成功。そしてヴィクトリアに連絡を入れてしまう。

8話 イメージ

第8話 Treachery … 記憶

ヴィクトリアとコンラッドが別居生活を始め、しばらくするとリディアが意識を取り戻した。しかし彼女は、最近の記憶を失ったままで、ヴィクトリアに不倫関係が知られた事も、自分がなぜ病院にいるのかも覚えていなかった。ヴィクトリアは罪悪感からリディアを看護するが、過去に起きた事を全てぶちまけてしまう。リディアの意識が戻ったと知ったエミリーは、彼女の記憶をすり替えようとノーランと共に証拠隠滅に動き出す。しかしある晩、フランクの遺体が発見され、ヴィクトリアは警察にエミリーを容疑者として通報する。

9話 イメージ

第9話 Suspicion … 秘密

母親ヴィクトリアの横暴さに我慢ならなくなったダニエルは、家を出てエミリーと暮らし始める。グレイソン家には、もはやヴィクトリアとダニエルの妹シャーロット、そして療養中のリディアの3人しか住んでいなかった。そんな折、グレイソン・グローバル社では新規投資家を集めてのパーティーが開かれることになった。会社を継ぐ意志を固めたダニエルは、日本人の大口投資家サトシ・タケダに接近。パーティーでエミリーを紹介するダニエルだったが、実はこの場にタケダを呼んだのはエミリーで、2人には秘密があった。

10話 イメージ

第10話 Loyalty … 阻害

フランクが殺害されてから、エミリーの復讐劇は想定外のできごとに見舞われていた。窮地に立たされたエミリーは、復讐の師であるタケダから「目の前の敵に全神経を集中させろ」「最大の敵を利用しろ」と冷酷無比な指導を受ける。一方、ヴィクトリアは離婚協議のため弁護士ライアン・ハントリーを雇うことにした。ハントリーは弱者のヒーローとして知られる弁護士だったが、過去にはデヴィッド・クラーク裁判にも関わった人物だった。父デヴィッドの有罪判決への不服申し立てを却下したハントリーに対し、エミリーは…。

11話 イメージ

第11話 Duress … 強迫

復讐劇が混乱を極める中、唯一の味方だったノーランと決別してしまったエミリー。意を決してノーランの家を訪れたエミリーは、初めて彼に謝罪し関係を修復する。そして2人は、目下の敵タイラーを潰すことを決意。ダニエルの友人タイラーは、グレイソン家にまとわりつき出世を目論んでいた。そんな彼が手に入れたのは、ノーランの隠しカメラだった。そこには秘密の数々を語る画像データが記録されてあり、ノーランとエミリーは奪還に挑むが、心に深い闇を抱えるタイラーは逆に危険な状態へと陥っていく。

12話 イメージ

第12話 Infamy … 汚名

有名伝記作家メイソン・トレッドウェルへの復讐に着手するエミリーとノーラン。メイソンは、かつて刑務所にいる父デヴィッドを取材し、幼いアマンダ(現エミリー)にも話を聞きにきたジャーナリストだった。「一緒にお父さんを助けよう」とアマンダに語ったメイソンだったが、出版された本の内容は全てがねつ造されていた。エミリーはファンを装いメイソンの家を訪れ、父への取材模様を記録した十数本に及ぶビデオテープを探し当てる。後日ノーランにメイソンを連れ出させ、エミリーはメイソンを危機に陥れる復讐を開始する。

13話 イメージ

第13話 Commitment … 覚悟

メイソンの取材ビデオテープで驚愕の事実を知ったエミリー。なんとダニエルの妹シャーロットの実の父親は、自分の父デヴィッド・クラークだったのだ。そこでエミリーは、デヴィッドがシャーロットについて語る場面を、コンラッドのメールに送りつけるようノーランに依頼する。コンラッドは離婚協議の場で、その映像をヴィクトリアに見せると一方的に攻め立てる。窮地に立たされたヴィクトリアは、テープを盗み、コンラッドに送りつけた人物に狙いを定めると、新たな護衛を雇い、テープを全て盗み出すよう命令を下す。

14話 イメージ

第14話 Perception … 知覚

ダニエルからのプロポーズを復讐のために承諾したエミリー。婚約披露パーティーの準備が進む中、エミリーはシャーロットの実の父親が誰かを暴露する方法を見出していた。そんなある晩、ダニエルの祖父エドワードを招いてのディナーが、グレイソン家で開かれることになった。グレイソン・グローバル社の会長であるエドワードは、会社のイメージに傷がつく離婚劇はやめるようコンラッドに忠告しに来たのだ。しかしディナーの席で、思わぬ事からシャーロットの実の父親の名前、更にヴィクトリアの過去が明かされてしまう。

15話 イメージ

第15話 Chaos … 混沌

祖父エドワードは、グレイソン・グローバル社のCEOに孫のダニエルを就任させようとしていた。しかし、ダニエルはグレイソン家に渦巻く嘘と隠し事に辟易とし、婚約披露パーティーが済み次第、エミリーと共にパリへ向かう計画を立てていた。一方、エミリーは非常事態に直面していた。自宅床下に隠していた、父親の形見などを納めた秘密の箱が盗まれたのだ。盗んだのは、病院にいるはずのタイラーだった。大金と引き換えに箱を返すと言う。取引に応じるべきか、それとも…銃を手にしたエミリーの復讐は混沌とし始める。

16話 イメージ

第16話 Scandal … 同盟

婚約披露パーティーの夜、タイラーが銃殺体で発見された。死体発見現場に放心状態で現れたのは、血に染まったシャツを着たダニエルだった。殺人容疑で警察に連行されるダニエルに、ヴィクトリアは「大丈夫よ」と囁き、抱きしめる。早速、敏腕弁護士ベンジャミン・ブルックスをマンハッタンから呼び寄せたヴィクトリアは、ダニエルを救うため真犯人をでっち上げようと画策する。エミリーはパーティー会場の防犯カメラが細工されていたことを知り、ノーランを問い詰める。すると背後でタケダが動いていた事実が判明する。

17話 イメージ

第17話 Doubt … 疑惑

ヴィクトリアとコンラッドは一緒に暮らし始め、ライカーズ島の刑事施設に勾留されたダニエルを救おうと躍起になっていた。そんな2人を前に、エミリーはメディアアドバイザーとして伝記作家メイソンを招こうと提案する。エミリーの復讐以来、行方不明のメイソンだったが、ノーランが居場所を突き止めダニエルの現状とグレイソン家の狙いを話し、巧みに誘い込む。早速メイソンはグレイソン家を訪れるが、そこへダニエルが刑務所内で暴行を受けたと連絡が入る。エミリーはヴィクトリアの不穏な動きを察し、尾行を始める。

18話 イメージ

第18話 Justice … 正義

ダニエルの裁判が始まって15日目。ヴィクトリアは陰でリーという男を雇い、あらゆる手段を講じ犯人をでっち上げようとしていた。また、その頃ヴィクトリアはかつての恋人ドミニク・ライトと偶然再会し、密会を続けていた。ある日、怪しい行動を取るヴィクトリアをコンラッドは激しく問い詰める。しかし、コンラッドは既にドミニクの存在を調べ上げ、陰である取引を成立させていた。再び険悪な関係に陥るヴィクトリアとコンラッド。一方、エミリーはリーの存在を知ると、罠を仕掛け刑務所に送りこむが、その矢先…。

19話 イメージ

第19話 Absolution … 赦免

かねてから父デヴィッドの死因を調査していたエミリーは、父はコンラッドに殺されたと疑わなかったが、未だ決定的な証拠をつかめずにいた。そんなある日、ノーランが父の手帳を一冊隠していたことが発覚。手帳には死ぬ直前までの不安な心情が綴られてあり、誰かに狙われていたことは明白だった。また手帳の中には、事件の真相を暴く証拠を“CM”が持って来るとあり、エミリーは“CM”を探し出す。時を同じく、ヴィクトリアは証券取引委員会の捜査官に、コンラッドの不正行為とデヴィッドの事件の真相をリークしていた。

20話 イメージ

第20話 Legacy … 遺産

2002年12月28日。出所して半年が経ったアマンダ(現エミリー)は、荒れた生活を送っていた。出所の際にノーランから手渡された株券も、父デヴィッドの手記にも手をつけずにいたのだ。そこへ再びノーランがやって来る。手記を読み、父親の本当の姿を知って欲しいと伝えるためだった。そしてハンプトンに戻るエミリー。かつて父と住んでいた家に忍びこむと手記を読み始め、衝撃の事実を知っていく。大晦日-グレイソン家では恒例のパーティーが開かれていた。給仕として潜り込んだアマンダはこの日、復讐を決意する。

21話 イメージ

第21話 Grief … 悲嘆

エミリーは“CM”の証言により、父デヴィッドが謎の“白髪の男”に殺されたと確信した。そこでエミリーは、コンラッドのオフィスとグレインソン家にカメラと盗聴器を忍ばせ、行動の全てを監視する。エミリーの目的は、コンラッドのもとに“白髪の男”を誘き寄せ、正体を突き止めることだった。ノーランの手を借りその男の自宅が判明すると、殺害を決意するエミリー。一方、窮地に立たされたコンラッドは、デヴィッドの事件に関わる証拠隠しに奔走していた。しかしヴィクトリアが思わぬ場所で証拠品の数々を見つけてしまう。

22話 イメージ

第22話 Reckoning … 制裁

“白髪の男”に拉致されたノーランを助けるため、エミリーは男に正体を明かし、真っ向から勝負を挑む。エミリーが死闘を繰り広げる中、逃げ出すことに成功したノーランは、コンラッドの証拠品を持ち、証券取引委員会の捜査官のもとへと向かう。証拠品を盗まれたコンラッドは家中を捜索。もはや逃げ場のないコンラッドは、ワシントンで開かれる事件の聴聞会で証言するなとヴィクトリアに詰め寄るが、「もうウソをつき続けて生きられない」と旅立たれる。そしてエミリーは自らの復讐劇に幕を降ろそうとしていたが…その時!

pagetop