月~金 あさ6:00



全力リサーチ:多くの方が「ギモン」に思っている身近な不思議を徹底調査。時間をかけて視聴者が「納得」できる結果を導き出します。

全力リサーチ「三重県に謎の土地」

三重県に謎の土地

三重県にある謎の土地!コレは一体何なのか!?三重県の謎の土地を全力リサーチしました!

さっそく問題の土地に行ってみると、三重県と奈良県の県境のはずが和歌山県。なぜなのか?
なんと、謎の土地の正体は、人口450人、面積48km2の小さな村「北山村」。
その村は、「飛び地」という、県や市町村などが本来ある場所から離れたところにある地域でした。
飛び地になった理由は、、
大昔から、北山村の住民は、山で伐採した木を筏(いかだ)にして、下流にある和歌山県新宮市に流すことを仕事にしていました。明治の廃藩置県の際に、和歌山県との結びつきをなくしたくないということで、和歌山県に入ることになったんです。

一方、ほぼ三重県と言っても過言ではない北山村ですが、和歌山県のチャンネルしか見られない、とケーブルテレビで決められているため、ドデスカ!は見られない、とのことでした。
しかし、日本唯一の観光筏下りが体験できたり、小学校低学年の英語教育の実施などの独自の政策をとっていたりと飛び地ならではの取組みで村を活性化していました!

※掲載している情報は放送時のものです。

  • バックナンバー

advertisement