月~金 あさ6:00



全力リサーチ:多くの方が「ギモン」に思っている身近な不思議を徹底調査。時間をかけて視聴者が「納得」できる結果を導き出します。

全力リサーチ「キノコは洗う?洗わない?」

しいたけブラザーズ直売所

旬を迎えた秋の味覚「キノコ」。岐阜県川辺町の「しいたけブラザーズ」には、この時期、週末になると多くの親子連れのお客さんがしいたけ狩りを目当てにやってきます。しいたけブラザーズの魅力は木の養分だけで育てる、昔ながらの原木シイタケ。とっても肉厚です。
また、しいたけ狩りの前に横田社長は試食のサービスも行っているんですが、その時、お客さんによく聞かれるのが「キノコは洗っていいのか、洗ってはいけないのか」ということなんだそう。
そこで「キノコは調理前に洗うか?洗わないか?」を全力リサーチしました。

名古屋市内で100人にアンケートしたところ、「洗う」という人は42人。「洗わない」という人は58人でした。「洗わない」人が多かったんですが、圧倒的多数ではないようです。
また、洗うキノコと洗わないキノコがある、という意見の人も。そこで、シイタケ・エノキ・マッシュルーム・ナメコ・エリンギ・マツタケでは洗うか、洗わないか仕分けしてみてもらいました。その結果、いずれのキノコも洗う、洗わないともに70%を越えるものはなく、ここでも圧倒的多数派というものは見つけられませんでした。

そこで実際にキノコの専門家に聞いてみることに。三重県津市にある岩出菌学研究所は52年前に設立したキノコ専門の研究所。食用キノコの人工栽培法を確立したり、薬として活用するための研究を行っています。
ガルガルというチリ原産のキノコを研究している原田栄津子博士によると、キノコは9割が水分で、洗うことで過剰に水分を与えてしまうと、炊き込みご飯が水っぽくなったり、食感がなくなったりと料理の出来にも影響を与えてしまうことがあるのだそう。土や汚れなどはキッチンペーパーなどで拭いたり、包丁でその部分を削り取ってしまうのがいいのだそうです。

ということで、「キノコは基本的には洗わないほうがいい」ということがわかりました。

住所 岐阜県加茂郡川辺町鹿塩983-1
営業時間 午前9:00~正午
午後1:00~午後5:00
定休日 毎週火曜日(祝日は臨時営業)
駐車場 あり
電話 0574-53-4663
URL http://www.shiitakebrothers.com/
紹介商品・価格 しいたけ狩り(入場無料・要予約)100g 300円
※1kg以上は10%割引

※掲載している情報は放送時のものです。

  • バックナンバー

advertisement