月~金 あさ6:00



全力リサーチ:多くの方が「ギモン」に思っている身近な不思議を徹底調査。時間をかけて視聴者が「納得」できる結果を導き出します。

全力リサーチ「愛知県民はなぜ「名古屋から」と答える?」

愛知県民に大調査

番組宛てにこんな投稿が届きました。
「旅行先などで『どこから来たの?』と聞かれて何と答えますか?
私はつい『名古屋』と答えてしまうので。」
この投稿は、愛知県岡崎市在住の方からでした。

ここは“旅行先で聞かれた”という設定を忠実に再現するため、名古屋から100km以上離れた長野県飯田市で、身分を隠した番組スタッフが名古屋から来たバスツアーのお客さんにインタビュー。
「どこから来たんですか?」の質問に対し何と答えるのか実験したところ、皆さん「名古屋から」と答えました。
ところが、こちらの身分と調査内容を明かしたところ、本当は一宮市・愛知郡東郷町・春日井市・知多郡東浦町・日進市・犬山市…何なら岐阜市の方もいたのです!
「名古屋から」と答えた理由の多くは、「正直に言ってもわからないだろうから」というものでした。

名古屋市外にある“名古屋”の店

次は目線を変えて、名古屋ではないのに「名古屋」と付くお店を調査!

■諭吉のからあげ 名古屋本店■
「からあげの聖地」と言われる大分県中津市から来た、からあげ専門店。
尾張旭市なのに「名古屋本店」の理由を尋ねると、「大分県民からしたら、尾張旭も名古屋も同じ感覚」とのお答えでした。
住所:愛知県尾張旭市印場元町5-1-7
営業時間:[平日]午前10:30~午後2:00、午後4:00~午後7:30
     [土日祝]午前10:30~午後7:30
定休日:毎週火曜日
電話:0561-55-3457
URL:http://www.yukichi-karaage.com/

■名古屋フィッシングセンター■
一宮市にある屋内型つりぼり施設。
なぜ「名古屋」と付けたのか尋ねると、「一宮だと地味で華やかさがないから」とのお答えでした。
住所:愛知県一宮市丹陽町伝法寺字寺跡4406-1
営業時間:午前10:00~午後6:00(休・祝日のみ営業しています)
電話:0586-85-7775
URL:http://nagoya-fishing.net/

■名古屋製餡■
業務用の餡を製造している会社ですが、番組で調べた中では最も名古屋から遠い豊橋市にあります。
なぜ「名古屋」と付けたのか尋ねると、「創業者の出身地が名古屋だから」とのお答えでしたが、よくよくお話を伺うと「弥富」だったことが判明しました。
住所:愛知県豊橋市中松山町81
電話:0532-52-6871

このように名古屋市ではないのに「名古屋」と付くお店。
これはごく一部であって、実際は広範囲でに存在していました。

“なごやめし”までもが!?

現在開催中のミラノ万博。
ここで先月、手羽先やきしめんなど「なごやめし」が世界デビューを果たしました。
その中には「西尾の抹茶」と「豊川いなり寿司」の姿も…。
正式ロゴマークには「なごやめし」と書かれています。

今回の万博出品は、今年発足した「なごやめし普及促進協議会」の活動の一環。
この会の一員でもあり、著書「名古屋めし」を出版したばかりのフリーライターの大竹敏之さんに事情を聞いたところ、今回のイベントは、名古屋市と愛知県が共同で参加した「あいち・なごやフェアinミラノ」。
「なごやめし」をはじめとするユニークな食文化、歴史豊かな伝統・文化及び世界有数の産業集積を世界に向けてアピールしたものだったのです。

ロゴは「なごやめし」でも、「西尾の抹茶」と「豊川いなり寿司」は愛知県を代表とする食文化として出品されたものなので、「なごやめし」ではないそうです。

備考 大竹敏之さんの著書「名古屋めし」は絶賛販売中です。
http://list.liberalsya.com/?eid=321

横浜・神戸は?

名古屋ではないのに「名古屋」……似たような境遇は他の地域にもあるのでしょうか?
そこで県名よりも都市名にネミューバリューがありそうな2つの都市で、「旅行先などでどこから来たのか聞かれたら何と答えますか?」と質問してみました。

【横浜】
番組スタッフが横浜市民に「何県出身ですか?」と尋ねたところ「横浜」と回答。
何県かと聞いているのに「横浜」と答える絶大なブランド力!
その横浜に他の神奈川県民も便乗するはず!
しかしフタを開けてみると、「鎌倉」「茅ヶ崎」「湘南(平塚市・藤沢市)」と、横浜市民ではないのに「横浜」と答える人に、一人も出会えませんでした。

【神戸】
番組スタッフが神戸市民に神戸の魅力を尋ねたところ、「神戸は上品だけど大阪は下品、京都は腹黒いけど神戸は素直」とコメント。
そんな関西屈指のブランド力を持つ神戸に、他の兵庫県民は便乗するはず!
しかしフタを開けてみると、「明石」「宝塚」「西宮」など、神戸市民ではないのに「神戸」と答える人に一人も出会えませんでした。

「名古屋から」と答える愛知の県民性

名古屋市民ではないのに「名古屋」と言ってしまう愛知の県民性を、県民性研究家・矢野新一さんに教えてもらいました。

【劣等感】
愛知は東京・大阪というメガロポリスに挟まれているため、両方の動きを気にしてしまう傾向がある。
【見栄っ張り】
正直に出身地を答えて、相手に「知らない」と言われたくない。
【閉鎖的】
知らない人に事細かに説明するのが面倒。

また「愛知」と「名古屋」の知名度の高さでいうと、圧倒的に「名古屋」の方が格上。
だから「名古屋」と言っておけばよい、ということになるそうです。

愛知県にも堂々と名乗る都市があった!

堂々と名乗る都市、それは世界に誇る「トヨタ自動車」のお膝元・愛知県豊田市!
実に9割の人が「豊田市」と回答しました。
しかも番組スタッフが豊田市民にインタビューしたところ、多くの方が「車の~」「トヨタ自動車がある~」などの枕詞を付けていました。
中には「国内で質問されたら“名古屋”だけど、海外では“TOYOTA”と答える」と使い分ける人も。
ちなみに、豊田市の隣・みよし市の人も「豊田から来た」と言ってしまうそうです。

【今回の調査結果】
愛知県民の多くが「名古屋から」と言う。
豊田市民の多くが「車の豊田」と言う。

※掲載している情報は放送時のものです。

  • バックナンバー

advertisement