月~金 あさ6:00



全力リサーチ:多くの方が「ギモン」に思っている身近な不思議を徹底調査。時間をかけて視聴者が「納得」できる結果を導き出します。

全力リサーチ「演歌を歌うのは何歳から?」

グリーンパーク

中部歌手協会理事長・高須はじめさんによると、愛知県内におよそ200~300人の演歌歌手が存在するという。
また刈谷市に本社を置くカラオケ専門誌「カラオケ情報誌エース」によると、愛知県内にあるカラオケ喫茶は500店以上。その数は全国的にも多いといいます。

■カラオケ喫茶に集まるお客さんの十八番■
ほとんどの方が70歳以上。
全員幼少期から演歌に馴染みがあり、100%演歌が十八番。

住所 名古屋市西区市場木町133
電話 052-505-4300

カラオケ本舗 まねきねこ今池店

【年代別カラオケボックスに来た方の十八番】
■30代
ポップス…77%
ロック…20%
歌謡曲…3%

■40代
ポップス…63%
ロック…27%
歌謡曲…6%
フォーク…4%

■50代
ポップス…46%
ロック…21%
歌謡曲…17%
フォーク…8%
その他…8%

■60代
演歌…63%
ポップス…15%
歌謡曲…15%
その他…7%

やはり30代・40代はポップスの割合が多い。50代に入ると演歌を歌うこともあるが、十八番ではない。
60代の演歌を歌う理由として、「昔は嫌いだったが、歳をとると好きになった」「演歌は自分を助けてくれる」など。

61歳でも十八番を演歌としている方がいたので、結果、演歌を十八番として歌うのは60歳から。

住所 名古屋市今池5-1-5
電話 052-734-2011

※掲載している情報は放送時のものです。

  • バックナンバー

advertisement