メ~テレトップアナウンサールーム > 倉橋 友和

アナウンサールーム


倉橋友和の上手・美味・馬日記日頃の取材や、日常生活の出来事などを「上手」いこと日記スタイルで紹介。 もちろん大好きな「美味」いものや、競「馬」の話題も忘れずに(笑)

「天下分け目」といえば?

2017/03/10

三条大橋にて、やや険しい表情

三条大橋にて、やや険しい表情

先日、京都へ取材に行ってきました。
その内容とは…ズバリ
「天下分け目の戦い」といえば思い出すのは?

秀吉の衣装で意気込む、山本圭一・大山崎町長と

秀吉の衣装で意気込む、山本圭一・大山崎町長と

東海地方としては「関ヶ原」こそが、天下分け目だと思っていましたが
なんと、山崎の戦いの舞台、「天王山」が勝負を挑んできたのです!
たしかにスポーツ実況でも首位決戦「天王山」という言葉は使いますが、
織田信長の後継の座を賭けた、羽柴(豊臣)秀吉と明智光秀の戦いなので
個人的には「天下分け目」とは少し大げさでは?という気も…(地元びいき)

関ヶ原ウォーランドでは、一昨年コスプレでの取材も

関ヶ原ウォーランドでは、一昨年コスプレでの取材も

しかし取材を進めると、天王山側の専門家からこんな言葉も。
「山崎の戦いで勝った秀吉は、畿内の政治経済の発展に寄与した一方、
関ヶ原で勝った徳川家康は尾張、三河、駿河ではなく、江戸を整備した。
東海地方のみなさんには、その辺りまで思いを馳せてほしい。」
…うーん、何だか深い。

両者の対決、インターネット投票による対決が行なわれていますので
詳しくはそれぞれの自治体のホームページなどでご確認を。