メ~テレトップアナウンサールーム > 星 恭博

アナウンサールーム


無党派的考察日記巷の話題を徒然なるままに書き記す、『四十路』視点のボクノート!

門出の君へ

2017/03/02

この証書も涙で滲みます。

この証書も涙で滲みます。

弥生の初日、上の息子が高校を卒業しました。
急遽、私も行くことになった卒業式は多少の寒さはあったものの、春の香を微かに感じる穏やかな日でした。

開会の辞に続いて卒業生が講堂に入場。
胸を張って力強く歩を進める彼の姿が、期せずして滲み、何時しか涙が零れていました。
上り坂、下り坂、そして『まさか』・・とはまさに言い得て妙で、この三年の間にこれまでの価値観を覆す程のことが、彼にも私にも実に様々起こりました。
子育ては親育てでもあります。三年の月日を通して多くのことを学んだのは、親である私の方なのかも知れないと改めて感じています。

この春から彼は名古屋を遠く離れます。
一抹の寂しさもありますが、他でもない私自身も30年前に通ってきた道です。
これまで彼を支えて頂いた友人、導いて頂いた恩師の方々への深い感謝の念と併せて、この春に卒業を迎える全ての皆さんのこれからの航海の安寧を、名古屋の地より心から祈らせて頂きます。

君、素敵な門出であらんことを!