メ~テレトップアナウンサールーム > 濱田 隼

アナウンサールーム


はまだまだまだ成長中!人生は上り坂。 好きな言葉は「不撓不屈」。 何事にも、チャレンジ精神を持って臨みます。 そんな私の、アクティブな日々をお伝えします。

「five」

2017/02/21

明日、2月22日に「five」をリリースするSHINeeのみなさんにインタビューをしました。

「5」枚目のアルバム「five」。
メンバーは「5」人。
日本デビュー「5」周年。
デビューしたのは「5」月。
という、SHINeeのみなさん。
私たちメ~テレも、「55」周年ということで
5という数字のもと、深い繋がりを感じるインタビューとなりました。

ウルフィが、SHINeeの皆さんの曲「Everybody」にのせて、ダンスを披露すると
「すごい!キレが良い!かっこいい!」と、喜んでくれました。
様々なアーティストのステージでダンスを踊っているウルフィ。
今後も、ダンス界に名前をとどろかせてくれそうです。

SHINeeの皆さんは、4月に日本ガイシホールでライブを行います。
キレキレのダンスは圧巻で、去年、私がライブを見たときは、感動の連続でした。
行く予定の方は、あと約2ヶ月、お待ちください!

SHINeeのみなさんと

SHINeeのみなさんと

今月は、愛知県稲沢市で行われている、天下の奇祭「はだか祭」にも参加しました。
「神男に触って、厄を落とす」という目標を掲げ、
数千人のはだか男が国府宮神社に集まると
気温 約5度の会場は、熱気に包まれました。
私も、想いを込めて、身体と身体をぶつけ合うことで、
地域の方々のアツさを肌で感じました。
東海地方に、全員がアツくなれるエネルギッシュな祭があることを、
心から嬉しく思いました。

当日は、朝からずっと下帯姿であったため、
カメラを持てず、写真を撮ることができませんでした。

しかし、翌日の朝、徳重アナから
「新聞の1面に、載っている!」
と連絡がきて、見てみると
密集したはだか男の写真の中に、私の姿が!
「●●をさがせ!」のようなサイズ感ですが
人生で、新聞の1面に載ることは、最初で最後の経験だと思うので
両親に自慢しておきました。

また、今回のはだか祭の私の結果は
渦の中で、神男を目で確認することはできたものの
触ることは出来ませんでした。
あと1mの壁が分厚く、超えることができませんでした。
また、リベンジする機会があれば良いなぁと、思っております。