ブラックリスト シーズン2

イントロダクション

"黒の正義"レッドと凶悪犯罪者ベルリンの戦いは激化。FBIや犯罪者、さらにはレッドの過去を知る重要人物までも巻き込み、全面戦争へと発展してしまう。
一方、思いがけない形で愛するものを失ったエリザベスは、大きな秘密を抱えたまま、遂に自分の過去に隠された衝撃の真実へと迫っていく…。果たして、レッドがFBIに投降した本当の理由とは?そして、権力の裏で暗躍する"結社"の狙いとはー?
閉ざされた記憶の扉が開くとき、新たな脅威が動き出す。
予測不可能な犯罪心理サスペンス・アクション、怒涛のシーズン2へ突入!

キャスト

レイモンド・"レッド"・レディントン(ジェームズ・スペイダー)

■レイモンド・"レッド"・レディントン…ジェームズ・スペイダー (声:大塚芳忠)

世界の犯罪者同士の取引を仲介する"犯罪コンシェルジュ"。なぜか突然みずからFBIに出頭した上、新人捜査官エリザベス・キーンに執着するが…?海軍兵学校で司令官になるための教育を受け、24歳の時に優等生として卒業。1990年のクリスマスに「妻と娘に会う」とだけ言い残して失踪し、以来、合衆国の機密文書が世界に流布した事件など、海外で多数の陰謀に関与。政治的信条は気にせず、自分を高く評価する者にサービスを提供する。食事・ファッション・ブランド品に対して高いセンスを持つ。

エリザベス・キーン(メーガン・ブーン)

■エリザベス・キーン…メーガン・ブーン(声:甲斐田 裕子)

FBIアカデミーを卒業したばかりの新人特別捜査官。法心理学の専門家でプロファイラーでもある。ニューヨークの機動救急精神科で4年働いた経験あり。かつて周囲に、「自己陶酔的」「自分の殻に閉じこもる」「犯罪者を理解したい」「子供を持てば過去を書き換えられると信じている」と分析され、いずれも該当すると認めている。前科者の父に捨てられ、養父のサムに育てられる。トムと結婚後、早く子供を持とうと養子縁組を希望する。

トム・キーン(ライアン・エッゴールド)

■トム・キーン…ライアン・エッゴールド(声:荻野晴朗)

エリザベスの夫で、学校の教師。エリザベスと養子をもらうことを楽しみにしながら、幸福に暮らしている。だが、レッド出頭の直後、エリザベスは自宅の床下からトムの顔写真が貼られた複数の偽造パスポート、大量の現金、拳銃を発見。トムには実は裏の顔があるのか、それともこれもレッドが仕組んだことなのか…。

ドナルド・レスラー(ディエゴ・クラテンホフ)

■ドナルド・レスラー…ディエゴ・クラテンホフ(声:宮内敦士)

FBIの行動派捜査官。これまで5年間追ってきたレッドが自首してきたことに大いに驚きつつ、レッドが提示した"ブラックリスト"に載る大物犯罪者たちを自身の手で捕まえようと奔走する。新米のエリザベスと行動を共にする。時にレッドに操られることもあるが、任務のために戦う。別れた元婚約者と再接近するが…?

ハロルド・クーパー(ハリー・レニックス)

■ハロルド・クーパー…ハリー・レニックス(声:山野井 仁)

FBI国家保安部の部門であるテロ対策部の次官。レッド関連の事件を捜査する特別作戦本部を指揮する。レッドの謎めいた過去に強い関心を抱きながら、レッドの"ブラックリスト"に載った犯罪者たちを部下のレスラーやエリザベスに追わせる。権力志向が強く、上司である合衆国司法局犯罪部のファウラー長官に配慮しがち。

ミーラ・マリク(パーミンダ・ナーグラ)

■ミーラ・マリク…パーミンダ・ナーグラ(声:石塚理恵)

CIAのフィールド・エージェント。当初はレッドのボディガード役としてファウラー長官が抜擢したが、レッド関連の捜査にも参加。頭脳明晰で国際情勢を広く理解し、いくつもの言語を話せる。同時に、銃撃戦でもひるまない度胸とガッツの持ち主。出向先のFBIではレスラーとコンビを組むことが多い。

ストーリー

「ボルティモア卿」

レッドとベルリンの戦いは激化。クーパーが抜けた上、ベルリンの手がかりが掴めないFBIは緊迫を極めていた。レッドはエリザベスに、自分を捜すために雇われた賞金稼ぎ"ボルティモア卿"を見つけるよう指示。捜査に乗り出したエリザベスは、とある女性データ・エンジニアにたどり着く。しかし、FBIの分析によって"ボルティモア卿"の本当の標的は、レッドの過去を知る重要人物で…?

「モナーク・ダグラス銀行」

ポーランド、ワルシャワ。モナーク・ダグラス銀行に強盗が入る。レッドの情報によれば、この銀行は犯罪者による資金洗浄の最大手。さらに強盗の真の目的は、銀行員カジャ・トムザックの誘拐だということがわかる。彼女は"超記憶"の持ち主で、銀行の裏帳簿ともいえる役割を果たしていた。ナオミを人質に取られ、ベルリンに追いつめられていくレッドは、カジャを使ってベルリンの財産を押さえ、取引を持ちかけるのだった。

「ジェームズ・コヴィントン医師」

詐欺罪の容疑をかけられていた投資会社の経営者が、心臓を抜き取られた遺体で発見される。警察は彼を恨んだ顧客の仕業と判断したが、レッドは臓器移植ネットワークを運営するコヴィントン医師によるものだと指摘。エリザベスたちは捜査を開始する。そんな中、FBIのチームにモサドのサマル・ナヴァービが無期限で出向してくることに。しかし、レッドが送り込んだ者だと確信するエリザベスは、彼女を信用しようとしない。

「ライナス・クリール医師」

DCでは、犯罪歴のない者による殺人事件が連続して起こっていた。容疑者たちのDNA検査から"戦士の遺伝子"が見つかったことで、これらは政府による洗脳実験"サブプロジェクト・セブン"の一環である可能性が出てくる。そしてFBIの捜査線上には、ライナス・クリールという精神科の医師が浮かび上がるのだった。