地域貢献 名古屋テレビ特別講義について

南山大学、名古屋大学

メ~テレは、南山大学の学生を対象として2001年度から「名古屋テレビ特別講義」を実施していますが、開局50周年を記念し、2011年秋期から、名古屋大学でも開講することになりました。メ~テレの社員が毎回講師となり、デジタル時代の地上波テレビの現状とテレビ報道現場を学ぶ場を提供し、受講者の「メディアリテラシー」(テレビに代表されるマスメディアを主体的、批判的に視聴できる能力)の向上に寄与することを目指しています。

2016年度講師

・多湖慎一(総合編成部)
・川端進(ニュース情報センター)
・森本弘行(放送業務部)
・星恭博(アナウンス部)
・清水伸司(ニュース情報センター)
・田島充貴(ニュース情報センター)
・川本謙一(制作部)
・大池雅光(制作部)
・長田圭介(映像技術部)
・安藤則子(ニュース情報センター)
・柴田正登志(ニュース情報センター)
・大塚敏郎(ニュース情報センター)
・細見愛咲(コンプライアンス室)
・奥井篤也(総合編成部)

2016年度講義内容 (春期 南山大学/秋期 名古屋大学)

(1) 4/6 地上波テレビの編成について
(2) 4/13 報道慨論
(3) 4/20 人権を考える
(4) 4/27 テレビを支える技術(メ~テレにて)
(5) 5/11 アナウンスの現場から
(6) 5/18 情報番組の現場から「ドデスカ!」と「UP!
(7) 5/25 エンターテイメント番組の現場から「1個だけイエロー」と「メ~テレドラマ」
(8) 6/1 テレビ報道取材の実際
(9) 6/8 制作・技術実習(メ~テレにて)
(10) 6/15 ドキュメンタリー制作の現場から
(11) 6/22 災害報道を考える
(12)・(13) 6/29 報道記者現場研修(2週分)(メ~テレにて)
(14) 7/6 放送倫理とコンプライアンス
(15) 7/20 多メディア時代、地上波テレビの未来は?